月別アーカイブ: 2017年1月

カードローンで即日振込してもらう方法

消費者金融などでカードローンを利用する場合、前もってカードを発行しておけば問題ないのですが、急な用事が入ることによって出費があったりした場合にどうしても給料日までお金がもたないということはあると思います。

そんなときに、カードの発行から即日振込まで、できれば急な出費などにも対応しやすいです。

即日振込をしてもらうためには、インターネットでの申し込みを平日の14時までに行うことによって即日振込をしてもらうというのがオーソドックスです。

基本的な流れはどのカードローン会社でも同じになるのですが、会社により条件が変わってきます。

業界大手のプロミスでの即日振込なら、インターネットで平日14時までに契約を完了しておけば、銀行振込で即日振込を受けることができます。

また、インターネットで契約を完了させたあとに自動契約機でカードを発行すれば22時まで自動契約機は開いていますので、その時間まで即日振込を受けれます。

他にも、大手のレイクなら、インターネットでの契約を平日14時までに完了すれば即日振込が可能なのはプロミスと同じなのですが、レイクの場合は土日祝日でも無人契約機でカードを発行すれば即日振込可能となっています。

また、カードローン会社指定のネットバンクを振込先に指定している場合のみ即日振込に対応している会社もありますので、即日振込ができる口座をお持ちの方はそちらを使うのも新たに口座を作ることもありませんのでよく使うネットバンクならおすすめになっています。

このように、カードローンで即日振込をしてもらうには、基本平日14時までに契約を完了させることで可能となっていますので、即日振込を希望される場合は、無人契約機かインターネットでの申し込みが誰にも会わずに契約できるのでおすすめですが、インターネットでの申し込みのほうが24時間場所を選ばずに契約までできるので、インターネットで契約を完了させておき、銀行振込か無人契約機でカードを発行するのが一番時間を取られずに即日振込を行えるのでおすすめになっています。

また、必要書類の提出をおこなう際にも、インターネット申し込みなら必要書類を写真に撮り、メールで送信すれば提出完了になりますのでこれもインターネット契約のほうがおすすめな理由です。

このような方法を行うことで、急な出費があった場合などにもカードローンで即日振込を行うことができますので給料日までお金がもたないということがなくなります。

銀行のカードローンの金利が消費者金融より低い理由

カードローンは主に銀行と消費者金融から提供されていますが、一般的に銀行の方が消費者金融より金利が低くなることが多くなっています。

これにはいくつかの理由があり、まず銀行のカードローンは消費者金融より審査に通過するのが難しいからです。

これは金融業界の専門誌に実際の数字が掲載されたこともあるように、決して口コミや感覚的なものだけではありません。

そのデータからも、銀行のカードローンは消費者金融と比較すると、かなり利用が難しいと言えます。

消費者金融の新規の審査の通過率は40~45%というデータが出ていますが、これが銀行のカードローンでは25%程度となっています。

この数字からも分かるように、この両者では審査の合格率に2倍近くの差があります。

銀行のカードローンの審査が厳しいのは、きちんと返済できるかどうかの判断が消費者金融より厳しく行われているからです。

逆に、消費者金融では万が一の貸し倒れの可能性も考えているので金利を高めに設定していると言えなくもありません。

そして、銀行は消費者金融のように貸金業務だけを行っている訳ではありません。

預金業務という大きな柱を持っているので、そこで集めた預金をカードローンなどの融資に利用することができます。

ご存知のように、預金者に対して支払う利息は普通預金で年利にして0.001%程度です。

このような低金利で集めた資金を融資に回すことができるので金利を低く設定できるという訳です。

消費者金融では預金業務は行っていないので、融資するお金のほとんどは銀行などの金融機関から借りているお金です。

これでは銀行並の金利で融資を行うのは難しいと言わざるを得ません。

中には自己資金で展開している消費者金融もありますが、銀行のように黙っていても預金によってお金が集まる訳ではないので、金利を下げることは難しいと言えます。

このような理由から、消費者金融は銀行より金利が高くなっているのです。

しかし、銀行より審査に合格しやすいという点や、即日融資を含めた各種のサービス面は銀行のカードローンより充実していることが多く、金利では銀行に太刀打ちできませんが、それ以外の面で利用者を確保しようと努力しています。

金利だけを考えて銀行のカードローンを選んでも構いませんが、すぐにお金が必要な場合や、利用を開始した後の利便性を考えた場合、消費者金融を選んだ方がいいというケースも少なくありません。

銀行と消費者金融のカードローンは、どちらが自分に合っているのかを考えた上で選択することが大切だということになります。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンを利用する事においてはメリットがあります。

その理由としてまず言えることは限度額を大きさです。

消費者金融、信販会社のキャッシングは最高限度額を300万円に設定しているところが多いですが、カードローン 銀行系は800万円の最高限度額を設定しているところがほとんどです。

それに伴い金利においてもキャッシング系と比べると低金利と言えます。

低金利と言う事は長期間借りるのであれば、合計返済額が少なくなります。

その分、返済を終えるのに早く済むと言う点があります。

借りる方にとっては返済額が少なければ少ないほど、生活にまわすことができます。

そして銀行系カードローンでは、総量規制の対象外と言うのがあります。

総量規制と言うのは一時期、消費者金融や信販会社に多重債務者が多く出た事から社会的に問題になりました。

多重債務者を無くす為に、政府としてルールを作りました。

それが年収の3分の1は借りられないと言う法律でした。

それが総量規制と言う法律です。

総量既定の対象としては消費者金融や信販会社、クレジットカード会社が対象になりますが、銀行カードローンにおいて対象外となっています。

それは銀行法によって定められているからです。

銀行法によれば融資をする判断は法律でなく、それぞれの銀行に任せられることになっています。

銀行側が信用機関などを元にお申し込みの事故記録がないかをチェックした上で融資限度額を決定します。

最近では消費者金融会社を銀行が買収する事で、過去消費者金融として機能していた会社が銀行での取り扱いとなり、限度額が銀行カードローン並みに設定するところもあります。

では消費者金融のキャッシングとはどのような用途で使い分けるのがいいのかと言うと、消費者金融のキャッシングはまず30日間無利息キャンペーンを実施しているのもあり、キャッシング初心者の方にとっては敷居が低くなった言う点があります。

そして審査結果がスピーディーに対応してくれるために即日融資を受けることも可能になりました。

銀行カードローンは少し待たないといけない時もあるために、急を要する方にとってはまず消費者金融のキャッシングにてお申し込みされる事をお勧めします。

消費者金融は総量規制の対象となっているために大きなが額を借りるには不向きな面があるため、注意が必要です。

銀行系カードローンは長期間、大きな額を借りる目的があることが分かっている方に対して、事前に申し込みされる事が得策と言えます。

カードローンの審査時に在籍確認をする目的

カードローンに申し込んだ時の在籍確認は銀行や会社側が申込者が申込書に記入する職場に在籍していることを確認し、定期的に収入を確保できる状況であるか判断するために行います。

お金を貸す時は相手のことを信用できないと滞納をされるリスクがあり損害を被るため、申込時に確認して回避するために万全を期すためにする方法が一般的です。

カードローンはただ単にお金を借りることを願って申し込むことでは審査に通らないことを認識し、利用するために求められる条件を確かめる必要があります。

在籍確認は勤務先に電話をして確認するため、金融機関休業日などにお金が必要な場合は前日までに完了させることが大事です。

即日融資を利用する時は金融機関休業日は在籍確認などができないため審査が行えないことを認識し、前日までに結果が出るように計画を立てることが求められます。

お金を借りる場合は信用されるように収支のバランスを考えて金銭計画を立て、滞納をせずに正しく支払えるよう最適な返済方法を選ぶことが重要です。

在籍確認は申込書の内容が正確であることを確かめるためにするため、審査を有利になるように虚偽の情報を記入すると信用を失うために詳しい内容を把握して責任を持って申し込む必要があります。

お金を借りる目的は人それぞれですが、銀行や会社が求める条件を満たしていないと利用できないことを認識することが大事です。

勤務先の情報は収入を確保して返済できる能力を有することを判断するために参考になり、在籍を確認してから利用を許可する傾向があります。

在籍確認の方法は基本的に個人名で勤務先に電話をする方法が多く、小規模な企業など情報が漏れやすいことに不安な場合は源泉徴収票などの書類を提出して電話の代わりにできる場合もあります。

申込者が勤務先で働いていることを確認できると完了し、信用情報機関に他社の借入などの状況を確かめて審査結果を出すことが特徴です。

その他、在籍確認をする目的は申込者に滞納をされるリスクを避けて損害を被ることを防ぐためで、申込書に記入する時は責任を持って正確な内容を記述する必要があります。

お金を借りることは信用を失わないように責任を持って考え、収支のバランスを考えて金銭計画を立てることが大事です。

自分に適した内容を探す時は金利やサービス内容を比較し、今後の生活に活かせるように目的を決めて選ぶと有意義に使えます。

カードローンとは?

私はカードローンを初めて利用したのは10年以上前です。

その時は、20代でまだ給料も安く遊べるお金が無く安易な気持ちで利用しました。

私の悪いところですが、あまり説明やマニュアルなどを読むという事が面倒で読み飛ばします。

この為、金利や返済金なども確認せず申し込んでしまいました。

その頃、お酒を覚えギャンブルを覚え当時の給料では間に合わずクレジットカード会社でのカードローンを利用する事にしました。

仕事柄出張が多い為、ANAカード、JALカードは既に持っていた為、そのまま2社のカードローン(キャッシング)を利用しました。

最初は一回払いとしてましたが、リボルビングでの支払いを覚え、定額での支払いをすることにしました。

それ以降は、両社で100万円くらい利用し毎月1万円~2万円の支払いでいつ終わるのかも良くわからない状況に陥りましたが、親へ相談し一時は一括完済しました。

しかし、また数年後結婚などで小遣い制になり自分で使える金額が減ってしまった為同じ事を繰り返してしまいました。

それもまた親へ相談の上完済したのですが、結局3回目も繰り返してしまい現在に至ります。

現在は、600万円程度あり月に18万くらいの返済に追われています。

しかし、現在はそこそこの収入があるため何とか毎月返済が出来ていますが、家族を持ちながらとなると中々返済も厳しい時期もあります。

学費、遠征、修学旅行、などなど最近ではそのお金が回らず結局キャッシングしている状況です。

若いころと比べ、利用用途が違いますが結局やっていることは同じです。

私は決して、カードローンがダメだと言っているわけではありません。

使い方や、返済計画をしっかり立てないと私のようにいつまでも返済に追われることになるので気を付けて欲しいというお話です。

最近は金利も下がっており、返済もしやすくなっております。

いざというときや大きなお金が必要なときはカードローンを組むことは仕方ない場合も多いと思います。

その際は、ホームページなどで金利や返済金額などを良くご確認の上契約へお進みください。

最近はネットで簡単に契約できますので、やっぱりやめたと思った時には遅い事もあります。

カードローンは利用方法を間違えると自分の首を絞めることになります。

それは、カードローン会社が悪いわけではありません、良く確認しない利用者の責任になりますのでよくよくご確認ください。

一時のお金で助かっていることは事実ですのでその先の返済について確認するのは本人の義務です。

カードローンをおすすめする理由

お金を借りる際にカードローンとキャッシングと言う言葉をよく聞きます。

キャッシングは消費者金融側の融資サービスをの事を指し、カードローンは銀行側の融資サービスと言えます。

過去、銀行側においてもキャッシングと言われていましたが、ひと昔前に多重債務の問題が社会的にも指摘され、その差別化をするために名前を変えたと言われています。

カードローンは銀行系カードローンのことを指すのが今が主流となっています。

カードローンのメリットとしては総量規制の対象外となっています。

総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れることができない法律で適用となっているのが消費者金融、信販会社、クレジットカードとなっています。

他社からキャッシングをしていてトータルが年収の3分の1を超えるようであれば、キャッシングのお申し込みをしても見送られる可能性があります。

ひと昔前まではこの総量規制の法律がなかったために多重債務者が増えて、返済ができないことがありました。

今は総量規制の法律が整備され、キャッシング会社の業界も健全化されていきました。

銀行系カードローンはこの総量規制の対象外となっているために、ご利用しようとされる方が、年収の3分の1以上、借り入れがあっても銀行の審査でOKであれば融資が可能となっています。

銀行側としては借り入れをする方が返済能力があり、過去返済において滞りがなければ、独自の判断で融資することもあります。

カードローンのメリットとしてもう一つは金利の低さがあります。

キャッシングのおいては初めてのご利用にあたり、どこの会社も30日間無利息サービスをしており、その期間が終わると金利18%に近い金利に設定して融資してくれます。

それに比べ、銀行系カードローンはキャッシングより低い金利を設定しており、長期において融資をする方にとってはトータルの返済額がかわってきます。

長期的に長く利用する目的がある方は銀行系カードローンがお勧めと言えます。

融資額に対しては最高500万円~800万円を設定しており、地方銀行のカードローンでは最高1000万円を設定している所もあります。

都市銀行、地方銀行それぞれカードローンのお申し込みに関してはネットで簡単お申し込みができるためにわざわざ実店舗に行かなくてもお申し込みすることができます。

まとめとしてカードローンは総量規制の対象外、金利の低さ、融資額の大きさがメリットと言えます。

カードローンの審査でチェックされる属性と信用情報機関の情報

消費者金融にしろ銀行系のカードローンにしろお金を借りる際には必ず審査があります。

カードローンの審査は大別して属性による審査と個人信用情報機関の確認とがあり属性で最も重要となるのが安定した収入の有無と言えます。

カードローンの審査は申込書に記載した情報を元に審査が行なわれ、必ず記載する情報としては年収、勤務形態、勤続年数、居住形態、居住年数、家族構成となります。

年収は勿論高い方がお金を借り易いと言えますし、職業で言うなら公務員などの安定した職種が評価が高いと言えます。

消費者金融などの場合は借入れは収入の3分1までの金額と定められていますし、他社で借入れがある場合はお金を借りるのが難しくなります。

勤続年数は短くても1年以上であることがカードローンの審査に通る為の絶対条件で住居形態は賃貸よりも持ち家の方が言いと言えますが、その場合問題となるのがローンの残高です。

支払いが完了している場合はいいのですが、住宅ローンが残っている場合は当然カードローンの審査に通りにくくなります。

家族構成については独身の場合は親と同居をしている方が審査に通りやすいといえますし、あとは固定電話の有無などを参考にする場合もあります。

また申込書に記載した情報の真偽を確認する為に本人確認書類の提出や勤務先に電話で在籍確認などが行なわれ、借りる金額によっては収入証明書などを提出する必要があります。

そしてこれらの情報をデーターとして入力しパソコンでスコアリングして基準値をクリアするかどうかで融資を行なうかどうか判断します。

また個人信用情報機関の情報も必ず確認するので、既に借金がある人、他社で申し込みを断られている人、自己破産などの過去がある人などは融資を受けるのは難しいと言えます。

ただし他社で借金があっても小額の場合や支払いが完了している場合はさほど問題はないと言えますし、申し込みも3件断れると申し込みブラックとなってしまいますが、その場合は半年程期間をあければまた審査に通る可能性も出てきます。

自己破産についても個人信用情報機関に履歴が残るのは7年程と言われているので一生カードローンを利用できないといった訳ではありません。

あと個人信用情報機関には遅延の情報も残るので、クレジットカードや公共料金の支払いの遅れも禁物です。

また逆にクレジットカードなどの利用が全くない真っ白なヒストリーな場合も審査の基準となる情報がないので敬遠される傾向があります。

おすすめの銀行のカードローン3選

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、消費者金融は金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息が多くなってしまいます。

それにより返済する時にかかる負担も大きくなってしまうので借り入れする時のリスクは高いです。

借り入れする時のリスクを考えるとやはり銀行のカードローンを利用した方がいいでしょう。

銀行のカードローンも大手銀行、ネット銀行などがありますが、その中でおすすめの銀行のカードローンを挙げていく事にしましょう。

「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」三大メガバンクの一つの三菱東京UFJ銀行のカードローンのサービスのバンクイックは上限金利が14.6%に設定されていて消費者金融の18%に比べると大幅に低くなっています。

申込方法は電話、店舗内に設置されているテレビ窓口、インターネットなどがありますが、店舗内に設置されているテレビ窓口で申込手続きをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。

銀行のカードローンで即日融資を受ける事が出来るのは珍しいのでバンクイックはおすすめの銀行のカードローンと言っていいでしょう。

「三井住友銀行カードローン」三井住友銀行も三菱東京UFJ銀行と同様に三大メガバンクの一つなのでカードローンのサービスを利用する人も多いです。

三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%に設定されているので0.1%の差ではありますが、バンクイックよりも好条件になっていて金利を重視する人はおすすめです。
また三井住友銀行も店舗内にローン契約機が設置されていてカードローンの申込手続きをローン契約機で行うと契約完了後にキャッシングカードが発行されます。

それにより即日融資を受ける事が出来るのですぐお金を借りたい人は三井住友銀行カードローンもおすすめです。

「楽天銀行スーパーローン」ネット銀行の大手の楽天銀行のカードローンのサービスで申込方法がインターネットのみというのが大きな特徴です。

楽天銀行はネット銀行なので店舗や契約機が設置されていないのでカードローンの申込手続きはホームページから行う事になります。

スマートフォンを操作するだけですべての手続きが出来るのですごく便利です。またインターネット上という事で24時間いつでも申し込み手続きをする事が可能で特に忙しい人はおすすめです。

しかし融資可能になるまで数日かかるので時間に余裕を持って申込手続きをする必要があります。

おすすめの銀行のカードローンを3つ挙げてみましたが、それぞれ特徴があるので自分に適したカードローンを利用するといいでしょう。

銀行カードローンなら専業主婦でも即日融資が受けられます


カードローンを利用すれば簡単な手続きでお手軽にお金を借りることができます。

必要となるのは原則として運転免許証のような身分証明書だけでよく、申込手続きもそれほど複雑ではありません。

各地に設置されている無人契約機を利用してその場で申し込むことが可能で、インターネットを介してパソコンやスマートフォンからも申し込めます。

審査についても10分から30分で完了し、審査が完了すると所定の融資枠が与えられ、その範囲内で借り入れすることができます。

ローンを組むときのように保証人を用意する必要もなく、夕方までに申し込めばその日のうちに融資が受けられるのです。

このように利便性の高いカードローンは、急な出費に迫られたり、厄介なトラブルに巻き込まれた際に頼りになる存在です。

現在、カードローンは消費者金融や銀行がサービス提供しています。

ここで、主婦、特に働いていない専業主婦がカードローンを利用する際に問題になる点が1つ存在しています。

総量規制です。

総量規制とは、2010年に導入された新しい制度で、貸金業者からの借入金額に限度を設けるものです。

総量規制により、消費者金融のカードローンを利用する場合には、年収の1/3までの融資しか受けられないことになったのです。

そこで、年収のない専業主婦は消費者金融を利用することができなくなっていのです。

だからと言って、専業主婦が完全にカードローンを利用できなくなったわけではありません。

銀行カードローンであれば、専業主婦であっても問題なく利用できます。

総量規制は貸金業法に定められている内容で、貸金業者すなわち消費者金融が対象となるものです。

銀行法によって規制される銀行カードローンは総量規制の対象外とされています。

そこで、専業主婦で急な出費に迫られた場合には、銀行カードローンの利用がおすすめです。

銀行カードローンの利用も、消費者金融の利用とほぼ同様の手続きで行われます。

身分証明書をもって銀行窓口を訪れるか、インターネットやスマートフォンでの申込みにも対応しているところが多くあります。

銀行カードローンは大手都市銀行の他、地方銀行でのサービス提供が行われており、消費者金融と同様に無人店舗や無人契約機の設置も進んでいます。

カードローンを利用する銀行口座を保有し、かつ銀行の営業時間である午後3時までに融資手続きが完了すれば、その日のうちに即日で融資を受けることも可能です。

ただし、銀行カードローンを専業主婦が利用する際に注意が必要なのは、銀行によっては配偶者の同意書が必要になる点です。

あらかじめ夫にカードローンの利用を説明し、サインしてもらうことが求められるため、内緒にできない場合があるのです。