「カードローンコラム」カテゴリーアーカイブ

カードローンで即日振込してもらう方法

消費者金融などでカードローンを利用する場合、前もってカードを発行しておけば問題ないのですが、急な用事が入ることによって出費があったりした場合にどうしても給料日までお金がもたないということはあると思います。

そんなときに、カードの発行から即日振込まで、できれば急な出費などにも対応しやすいです。

即日振込をしてもらうためには、インターネットでの申し込みを平日の14時までに行うことによって即日振込をしてもらうというのがオーソドックスです。

基本的な流れはどのカードローン会社でも同じになるのですが、会社により条件が変わってきます。

業界大手のプロミスでの即日振込なら、インターネットで平日14時までに契約を完了しておけば、銀行振込で即日振込を受けることができます。

また、インターネットで契約を完了させたあとに自動契約機でカードを発行すれば22時まで自動契約機は開いていますので、その時間まで即日振込を受けれます。

他にも、大手のレイクなら、インターネットでの契約を平日14時までに完了すれば即日振込が可能なのはプロミスと同じなのですが、レイクの場合は土日祝日でも無人契約機でカードを発行すれば即日振込可能となっています。

また、カードローン会社指定のネットバンクを振込先に指定している場合のみ即日振込に対応している会社もありますので、即日振込ができる口座をお持ちの方はそちらを使うのも新たに口座を作ることもありませんのでよく使うネットバンクならおすすめになっています。

このように、カードローンで即日振込をしてもらうには、基本平日14時までに契約を完了させることで可能となっていますので、即日振込を希望される場合は、無人契約機かインターネットでの申し込みが誰にも会わずに契約できるのでおすすめですが、インターネットでの申し込みのほうが24時間場所を選ばずに契約までできるので、インターネットで契約を完了させておき、銀行振込か無人契約機でカードを発行するのが一番時間を取られずに即日振込を行えるのでおすすめになっています。

また、必要書類の提出をおこなう際にも、インターネット申し込みなら必要書類を写真に撮り、メールで送信すれば提出完了になりますのでこれもインターネット契約のほうがおすすめな理由です。

このような方法を行うことで、急な出費があった場合などにもカードローンで即日振込を行うことができますので給料日までお金がもたないということがなくなります。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンを利用する事においてはメリットがあります。

その理由としてまず言えることは限度額を大きさです。

消費者金融、信販会社のキャッシングは最高限度額を300万円に設定しているところが多いですが、カードローン 銀行系は800万円の最高限度額を設定しているところがほとんどです。

それに伴い金利においてもキャッシング系と比べると低金利と言えます。

低金利と言う事は長期間借りるのであれば、合計返済額が少なくなります。

その分、返済を終えるのに早く済むと言う点があります。

借りる方にとっては返済額が少なければ少ないほど、生活にまわすことができます。

そして銀行系カードローンでは、総量規制の対象外と言うのがあります。

総量規制と言うのは一時期、消費者金融や信販会社に多重債務者が多く出た事から社会的に問題になりました。

多重債務者を無くす為に、政府としてルールを作りました。

それが年収の3分の1は借りられないと言う法律でした。

それが総量規制と言う法律です。

総量既定の対象としては消費者金融や信販会社、クレジットカード会社が対象になりますが、銀行カードローンにおいて対象外となっています。

それは銀行法によって定められているからです。

銀行法によれば融資をする判断は法律でなく、それぞれの銀行に任せられることになっています。

銀行側が信用機関などを元にお申し込みの事故記録がないかをチェックした上で融資限度額を決定します。

最近では消費者金融会社を銀行が買収する事で、過去消費者金融として機能していた会社が銀行での取り扱いとなり、限度額が銀行カードローン並みに設定するところもあります。

では消費者金融のキャッシングとはどのような用途で使い分けるのがいいのかと言うと、消費者金融のキャッシングはまず30日間無利息キャンペーンを実施しているのもあり、キャッシング初心者の方にとっては敷居が低くなった言う点があります。

そして審査結果がスピーディーに対応してくれるために即日融資を受けることも可能になりました。

銀行カードローンは少し待たないといけない時もあるために、急を要する方にとってはまず消費者金融のキャッシングにてお申し込みされる事をお勧めします。

消費者金融は総量規制の対象となっているために大きなが額を借りるには不向きな面があるため、注意が必要です。

銀行系カードローンは長期間、大きな額を借りる目的があることが分かっている方に対して、事前に申し込みされる事が得策と言えます。

カードローンをおすすめする理由

お金を借りる際にカードローンとキャッシングと言う言葉をよく聞きます。

キャッシングは消費者金融側の融資サービスをの事を指し、カードローンは銀行側の融資サービスと言えます。

過去、銀行側においてもキャッシングと言われていましたが、ひと昔前に多重債務の問題が社会的にも指摘され、その差別化をするために名前を変えたと言われています。

カードローンは銀行系カードローンのことを指すのが今が主流となっています。

カードローンのメリットとしては総量規制の対象外となっています。

総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れることができない法律で適用となっているのが消費者金融、信販会社、クレジットカードとなっています。

他社からキャッシングをしていてトータルが年収の3分の1を超えるようであれば、キャッシングのお申し込みをしても見送られる可能性があります。

ひと昔前まではこの総量規制の法律がなかったために多重債務者が増えて、返済ができないことがありました。

今は総量規制の法律が整備され、キャッシング会社の業界も健全化されていきました。

銀行系カードローンはこの総量規制の対象外となっているために、ご利用しようとされる方が、年収の3分の1以上、借り入れがあっても銀行の審査でOKであれば融資が可能となっています。

銀行側としては借り入れをする方が返済能力があり、過去返済において滞りがなければ、独自の判断で融資することもあります。

カードローンのメリットとしてもう一つは金利の低さがあります。

キャッシングのおいては初めてのご利用にあたり、どこの会社も30日間無利息サービスをしており、その期間が終わると金利18%に近い金利に設定して融資してくれます。

それに比べ、銀行系カードローンはキャッシングより低い金利を設定しており、長期において融資をする方にとってはトータルの返済額がかわってきます。

長期的に長く利用する目的がある方は銀行系カードローンがお勧めと言えます。

融資額に対しては最高500万円~800万円を設定しており、地方銀行のカードローンでは最高1000万円を設定している所もあります。

都市銀行、地方銀行それぞれカードローンのお申し込みに関してはネットで簡単お申し込みができるためにわざわざ実店舗に行かなくてもお申し込みすることができます。

まとめとしてカードローンは総量規制の対象外、金利の低さ、融資額の大きさがメリットと言えます。