「カードローン基礎知識」カテゴリーアーカイブ

審査が激甘なのは中小消費者金融のカードローン

カードローンには審査が厳しい所と甘い所がある

カードローンには審査が甘い所審査が厳しい所があるってご存知ですか?

審査が厳しいと言われているのが銀行カードローンです!

楽天スーパーローン・オリックス銀行カードローン・みずほ銀行カードローンが銀行カードローンです!

その次が大手の消費者金融。

アコムやアイフル・プロミス・モビットなどが大手消費者金融と呼ばれています。

そして一番審査が甘いカードローンが「中小消費者金融」と呼ばれる全国的にマイナーな消費者金融です!

一番審査が甘い中小消費者金融のカードローン

まず、初めに中小消費者金融は貸金業の登録をした正規の金融業者であるという事を理解しておいてください!

貸金業登録をしていない闇金と混合してしまわないように注意!

そして中小消費者金融なら確実に審査に通るという話でもありません。

あくまでカードローンの中で一番審査が甘い・通りやすいというだけの話です。

ではなぜ中小消費者金融のカードローンは審査が甘い!と言われるのでしょうか?

中小消費者金融は他社の審査に落ちた人を主な顧客としている実態

中小消費者金融のセントラルってご存知ですか?

知りませんよね?中小消費者金融と言えば・・・というくらい有名な金融会社です。

中小消費者金融のセントラルは愛媛県に本社があり、主にその周辺地域に店舗を複数構えて営業をしている消費者金融です。

しかし、セントラルの利用者は全国にいます。

多くの人がインターネット申し込みで契約しているんです。

で、何が言いたいのかというと、セントラルをはじめ、中小消費者金融は大手と違って、CMなどで宣伝をしなくてもお客を集める事ができるんです。

毎日大手消費者金融の審査に落ちる人はたくさんいます。

つまり、大手の消費者金融の審査に落ちた人が、ネットで「審査が甘いカードローン」と検索をしてたどり着くのが中小消費者金融で中小消費者金融側も大手などで審査に落ちた人に貸付をおこなって利益をだしているんです。

言い方は悪いですが、鴨が葱を背負って来る!的な感じです。

なので、中小消費者金融は初めから他社の審査に落ちた人を求めているので、銀行カードローン・大手消費者金融よりも審査を甘くするという話は以上の事が経緯となっています。

銀行のカードローンの金利が消費者金融より低い理由

カードローンは主に銀行と消費者金融から提供されていますが、一般的に銀行の方が消費者金融より金利が低くなることが多くなっています。

これにはいくつかの理由があり、まず銀行のカードローンは消費者金融より審査に通過するのが難しいからです。

これは金融業界の専門誌に実際の数字が掲載されたこともあるように、決して口コミや感覚的なものだけではありません。

そのデータからも、銀行のカードローンは消費者金融と比較すると、かなり利用が難しいと言えます。

消費者金融の新規の審査の通過率は40~45%というデータが出ていますが、これが銀行のカードローンでは25%程度となっています。

この数字からも分かるように、この両者では審査の合格率に2倍近くの差があります。

銀行のカードローンの審査が厳しいのは、きちんと返済できるかどうかの判断が消費者金融より厳しく行われているからです。

逆に、消費者金融では万が一の貸し倒れの可能性も考えているので金利を高めに設定していると言えなくもありません。

そして、銀行は消費者金融のように貸金業務だけを行っている訳ではありません。

預金業務という大きな柱を持っているので、そこで集めた預金をカードローンなどの融資に利用することができます。

ご存知のように、預金者に対して支払う利息は普通預金で年利にして0.001%程度です。

このような低金利で集めた資金を融資に回すことができるので金利を低く設定できるという訳です。

消費者金融では預金業務は行っていないので、融資するお金のほとんどは銀行などの金融機関から借りているお金です。

これでは銀行並の金利で融資を行うのは難しいと言わざるを得ません。

中には自己資金で展開している消費者金融もありますが、銀行のように黙っていても預金によってお金が集まる訳ではないので、金利を下げることは難しいと言えます。

このような理由から、消費者金融は銀行より金利が高くなっているのです。

しかし、銀行より審査に合格しやすいという点や、即日融資を含めた各種のサービス面は銀行のカードローンより充実していることが多く、金利では銀行に太刀打ちできませんが、それ以外の面で利用者を確保しようと努力しています。

金利だけを考えて銀行のカードローンを選んでも構いませんが、すぐにお金が必要な場合や、利用を開始した後の利便性を考えた場合、消費者金融を選んだ方がいいというケースも少なくありません。

銀行と消費者金融のカードローンは、どちらが自分に合っているのかを考えた上で選択することが大切だということになります。

カードローンの審査時に在籍確認をする目的

カードローンに申し込んだ時の在籍確認は銀行や会社側が申込者が申込書に記入する職場に在籍していることを確認し、定期的に収入を確保できる状況であるか判断するために行います。

お金を貸す時は相手のことを信用できないと滞納をされるリスクがあり損害を被るため、申込時に確認して回避するために万全を期すためにする方法が一般的です。

カードローンはただ単にお金を借りることを願って申し込むことでは審査に通らないことを認識し、利用するために求められる条件を確かめる必要があります。

在籍確認は勤務先に電話をして確認するため、金融機関休業日などにお金が必要な場合は前日までに完了させることが大事です。

即日融資を利用する時は金融機関休業日は在籍確認などができないため審査が行えないことを認識し、前日までに結果が出るように計画を立てることが求められます。

お金を借りる場合は信用されるように収支のバランスを考えて金銭計画を立て、滞納をせずに正しく支払えるよう最適な返済方法を選ぶことが重要です。

在籍確認は申込書の内容が正確であることを確かめるためにするため、審査を有利になるように虚偽の情報を記入すると信用を失うために詳しい内容を把握して責任を持って申し込む必要があります。

お金を借りる目的は人それぞれですが、銀行や会社が求める条件を満たしていないと利用できないことを認識することが大事です。

勤務先の情報は収入を確保して返済できる能力を有することを判断するために参考になり、在籍を確認してから利用を許可する傾向があります。

在籍確認の方法は基本的に個人名で勤務先に電話をする方法が多く、小規模な企業など情報が漏れやすいことに不安な場合は源泉徴収票などの書類を提出して電話の代わりにできる場合もあります。

申込者が勤務先で働いていることを確認できると完了し、信用情報機関に他社の借入などの状況を確かめて審査結果を出すことが特徴です。

その他、在籍確認をする目的は申込者に滞納をされるリスクを避けて損害を被ることを防ぐためで、申込書に記入する時は責任を持って正確な内容を記述する必要があります。

お金を借りることは信用を失わないように責任を持って考え、収支のバランスを考えて金銭計画を立てることが大事です。

自分に適した内容を探す時は金利やサービス内容を比較し、今後の生活に活かせるように目的を決めて選ぶと有意義に使えます。

カードローンとは?

私はカードローンを初めて利用したのは10年以上前です。

その時は、20代でまだ給料も安く遊べるお金が無く安易な気持ちで利用しました。

私の悪いところですが、あまり説明やマニュアルなどを読むという事が面倒で読み飛ばします。

この為、金利や返済金なども確認せず申し込んでしまいました。

その頃、お酒を覚えギャンブルを覚え当時の給料では間に合わずクレジットカード会社でのカードローンを利用する事にしました。

仕事柄出張が多い為、ANAカード、JALカードは既に持っていた為、そのまま2社のカードローン(キャッシング)を利用しました。

最初は一回払いとしてましたが、リボルビングでの支払いを覚え、定額での支払いをすることにしました。

それ以降は、両社で100万円くらい利用し毎月1万円~2万円の支払いでいつ終わるのかも良くわからない状況に陥りましたが、親へ相談し一時は一括完済しました。

しかし、また数年後結婚などで小遣い制になり自分で使える金額が減ってしまった為同じ事を繰り返してしまいました。

それもまた親へ相談の上完済したのですが、結局3回目も繰り返してしまい現在に至ります。

現在は、600万円程度あり月に18万くらいの返済に追われています。

しかし、現在はそこそこの収入があるため何とか毎月返済が出来ていますが、家族を持ちながらとなると中々返済も厳しい時期もあります。

学費、遠征、修学旅行、などなど最近ではそのお金が回らず結局キャッシングしている状況です。

若いころと比べ、利用用途が違いますが結局やっていることは同じです。

私は決して、カードローンがダメだと言っているわけではありません。

使い方や、返済計画をしっかり立てないと私のようにいつまでも返済に追われることになるので気を付けて欲しいというお話です。

最近は金利も下がっており、返済もしやすくなっております。

いざというときや大きなお金が必要なときはカードローンを組むことは仕方ない場合も多いと思います。

その際は、ホームページなどで金利や返済金額などを良くご確認の上契約へお進みください。

最近はネットで簡単に契約できますので、やっぱりやめたと思った時には遅い事もあります。

カードローンは利用方法を間違えると自分の首を絞めることになります。

それは、カードローン会社が悪いわけではありません、良く確認しない利用者の責任になりますのでよくよくご確認ください。

一時のお金で助かっていることは事実ですのでその先の返済について確認するのは本人の義務です。

カードローンの審査でチェックされる属性と信用情報機関の情報

消費者金融にしろ銀行系のカードローンにしろお金を借りる際には必ず審査があります。

カードローンの審査は大別して属性による審査と個人信用情報機関の確認とがあり属性で最も重要となるのが安定した収入の有無と言えます。

カードローンの審査は申込書に記載した情報を元に審査が行なわれ、必ず記載する情報としては年収、勤務形態、勤続年数、居住形態、居住年数、家族構成となります。

年収は勿論高い方がお金を借り易いと言えますし、職業で言うなら公務員などの安定した職種が評価が高いと言えます。

消費者金融などの場合は借入れは収入の3分1までの金額と定められていますし、他社で借入れがある場合はお金を借りるのが難しくなります。

勤続年数は短くても1年以上であることがカードローンの審査に通る為の絶対条件で住居形態は賃貸よりも持ち家の方が言いと言えますが、その場合問題となるのがローンの残高です。

支払いが完了している場合はいいのですが、住宅ローンが残っている場合は当然カードローンの審査に通りにくくなります。

家族構成については独身の場合は親と同居をしている方が審査に通りやすいといえますし、あとは固定電話の有無などを参考にする場合もあります。

また申込書に記載した情報の真偽を確認する為に本人確認書類の提出や勤務先に電話で在籍確認などが行なわれ、借りる金額によっては収入証明書などを提出する必要があります。

そしてこれらの情報をデーターとして入力しパソコンでスコアリングして基準値をクリアするかどうかで融資を行なうかどうか判断します。

また個人信用情報機関の情報も必ず確認するので、既に借金がある人、他社で申し込みを断られている人、自己破産などの過去がある人などは融資を受けるのは難しいと言えます。

ただし他社で借金があっても小額の場合や支払いが完了している場合はさほど問題はないと言えますし、申し込みも3件断れると申し込みブラックとなってしまいますが、その場合は半年程期間をあければまた審査に通る可能性も出てきます。

自己破産についても個人信用情報機関に履歴が残るのは7年程と言われているので一生カードローンを利用できないといった訳ではありません。

あと個人信用情報機関には遅延の情報も残るので、クレジットカードや公共料金の支払いの遅れも禁物です。

また逆にクレジットカードなどの利用が全くない真っ白なヒストリーな場合も審査の基準となる情報がないので敬遠される傾向があります。