銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンを利用する事においてはメリットがあります。

その理由としてまず言えることは限度額を大きさです。

消費者金融、信販会社のキャッシングは最高限度額を300万円に設定しているところが多いですが、カードローン 銀行系は800万円の最高限度額を設定しているところがほとんどです。

それに伴い金利においてもキャッシング系と比べると低金利と言えます。

低金利と言う事は長期間借りるのであれば、合計返済額が少なくなります。

その分、返済を終えるのに早く済むと言う点があります。

借りる方にとっては返済額が少なければ少ないほど、生活にまわすことができます。

そして銀行系カードローンでは、総量規制の対象外と言うのがあります。

総量規制と言うのは一時期、消費者金融や信販会社に多重債務者が多く出た事から社会的に問題になりました。

多重債務者を無くす為に、政府としてルールを作りました。

それが年収の3分の1は借りられないと言う法律でした。

それが総量規制と言う法律です。

総量既定の対象としては消費者金融や信販会社、クレジットカード会社が対象になりますが、銀行カードローンにおいて対象外となっています。

それは銀行法によって定められているからです。

銀行法によれば融資をする判断は法律でなく、それぞれの銀行に任せられることになっています。

銀行側が信用機関などを元にお申し込みの事故記録がないかをチェックした上で融資限度額を決定します。

最近では消費者金融会社を銀行が買収する事で、過去消費者金融として機能していた会社が銀行での取り扱いとなり、限度額が銀行カードローン並みに設定するところもあります。

では消費者金融のキャッシングとはどのような用途で使い分けるのがいいのかと言うと、消費者金融のキャッシングはまず30日間無利息キャンペーンを実施しているのもあり、キャッシング初心者の方にとっては敷居が低くなった言う点があります。

そして審査結果がスピーディーに対応してくれるために即日融資を受けることも可能になりました。

銀行カードローンは少し待たないといけない時もあるために、急を要する方にとってはまず消費者金融のキャッシングにてお申し込みされる事をお勧めします。

消費者金融は総量規制の対象となっているために大きなが額を借りるには不向きな面があるため、注意が必要です。

銀行系カードローンは長期間、大きな額を借りる目的があることが分かっている方に対して、事前に申し込みされる事が得策と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です