カードローンをおすすめする理由

お金を借りる際にカードローンとキャッシングと言う言葉をよく聞きます。

キャッシングは消費者金融側の融資サービスをの事を指し、カードローンは銀行側の融資サービスと言えます。

過去、銀行側においてもキャッシングと言われていましたが、ひと昔前に多重債務の問題が社会的にも指摘され、その差別化をするために名前を変えたと言われています。

カードローンは銀行系カードローンのことを指すのが今が主流となっています。

カードローンのメリットとしては総量規制の対象外となっています。

総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れることができない法律で適用となっているのが消費者金融、信販会社、クレジットカードとなっています。

他社からキャッシングをしていてトータルが年収の3分の1を超えるようであれば、キャッシングのお申し込みをしても見送られる可能性があります。

ひと昔前まではこの総量規制の法律がなかったために多重債務者が増えて、返済ができないことがありました。

今は総量規制の法律が整備され、キャッシング会社の業界も健全化されていきました。

銀行系カードローンはこの総量規制の対象外となっているために、ご利用しようとされる方が、年収の3分の1以上、借り入れがあっても銀行の審査でOKであれば融資が可能となっています。

銀行側としては借り入れをする方が返済能力があり、過去返済において滞りがなければ、独自の判断で融資することもあります。

カードローンのメリットとしてもう一つは金利の低さがあります。

キャッシングのおいては初めてのご利用にあたり、どこの会社も30日間無利息サービスをしており、その期間が終わると金利18%に近い金利に設定して融資してくれます。

それに比べ、銀行系カードローンはキャッシングより低い金利を設定しており、長期において融資をする方にとってはトータルの返済額がかわってきます。

長期的に長く利用する目的がある方は銀行系カードローンがお勧めと言えます。

融資額に対しては最高500万円~800万円を設定しており、地方銀行のカードローンでは最高1000万円を設定している所もあります。

都市銀行、地方銀行それぞれカードローンのお申し込みに関してはネットで簡単お申し込みができるためにわざわざ実店舗に行かなくてもお申し込みすることができます。

まとめとしてカードローンは総量規制の対象外、金利の低さ、融資額の大きさがメリットと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です