カードローンとは?

私はカードローンを初めて利用したのは10年以上前です。

その時は、20代でまだ給料も安く遊べるお金が無く安易な気持ちで利用しました。

私の悪いところですが、あまり説明やマニュアルなどを読むという事が面倒で読み飛ばします。

この為、金利や返済金なども確認せず申し込んでしまいました。

その頃、お酒を覚えギャンブルを覚え当時の給料では間に合わずクレジットカード会社でのカードローンを利用する事にしました。

仕事柄出張が多い為、ANAカード、JALカードは既に持っていた為、そのまま2社のカードローン(キャッシング)を利用しました。

最初は一回払いとしてましたが、リボルビングでの支払いを覚え、定額での支払いをすることにしました。

それ以降は、両社で100万円くらい利用し毎月1万円~2万円の支払いでいつ終わるのかも良くわからない状況に陥りましたが、親へ相談し一時は一括完済しました。

しかし、また数年後結婚などで小遣い制になり自分で使える金額が減ってしまった為同じ事を繰り返してしまいました。

それもまた親へ相談の上完済したのですが、結局3回目も繰り返してしまい現在に至ります。

現在は、600万円程度あり月に18万くらいの返済に追われています。

しかし、現在はそこそこの収入があるため何とか毎月返済が出来ていますが、家族を持ちながらとなると中々返済も厳しい時期もあります。

学費、遠征、修学旅行、などなど最近ではそのお金が回らず結局キャッシングしている状況です。

若いころと比べ、利用用途が違いますが結局やっていることは同じです。

私は決して、カードローンがダメだと言っているわけではありません。

使い方や、返済計画をしっかり立てないと私のようにいつまでも返済に追われることになるので気を付けて欲しいというお話です。

最近は金利も下がっており、返済もしやすくなっております。

いざというときや大きなお金が必要なときはカードローンを組むことは仕方ない場合も多いと思います。

その際は、ホームページなどで金利や返済金額などを良くご確認の上契約へお進みください。

最近はネットで簡単に契約できますので、やっぱりやめたと思った時には遅い事もあります。

カードローンは利用方法を間違えると自分の首を絞めることになります。

それは、カードローン会社が悪いわけではありません、良く確認しない利用者の責任になりますのでよくよくご確認ください。

一時のお金で助かっていることは事実ですのでその先の返済について確認するのは本人の義務です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です